薄毛治療と体毛の関係    |    薄毛治療愛知.com

トップ    >    薄毛治療と体毛の関係

薄毛治療と体毛の関係

薄毛治療で体毛が濃くなる副作用は、飲むタイプのミノキシジルでたまにある

薄毛治療するにあたり、体毛はどう変化していくのだろう。 実は体毛が濃いヒトは薄毛になりやすいと言われているのを知っていますか? しかしこれは受容体の問題であって、必ずしもそうではないようです。

さて、薄毛治療においてミノキシジルなど専門の治療薬を使うわけですが、太く丈夫な髪の毛を作る薄毛治療の治療薬は、頭皮の細い髪の毛だけに効果があるわけではありません。 やはり毛全体を濃く太くする作用があるので、体毛も自然と濃くなります。

でもこれって自然なことで、仕方なくないですか? それだけ治療薬が効果があるってことになるわけです。 効果がなければ副作用は出ませんからね。

そうです、体毛が濃くなるのは一時的な副作用と言えるんです。 いつまで体毛が増え続けるのか?という質問に、医師は 1ヶ月ほどで濃さのピークになる と答えています。

体毛にも毛周期というか、毛のサイクルがあるので、成長促進された体毛が太く伸び続けて垂れるようになるということはありません。 ちゃんと抜け落ちてくれますから、そこは心配しなくてもいいでしょう。

ミノキシジルが効果があって、髪の毛がしっかり生えてくれるなら体毛くらい濃くてもいいじゃないかって思いますけどね。

あなたはどう思いますか? これが女性だったら話は別になりますが、男性だったら体毛が多少濃くても問題ないと思いますよ。 むしろ薬が効いてるな、ラッキーと思う感じじゃないでしょうか。

ただ、やっぱりコンプレックスを感じてしまう人もいるようです。 ミノキシジルタブレットなどを服用しているヒトは、体毛が気になるならタブレットを半分にして1日量を減らすという方法もあります。 どちらにしても体毛は濃くなりますから、副作用として諦めたほうが良いと思いますね。 女性よりは大問題というほどではないでしょう。